2012年 熊本イ草刈 「山本英義さんのお手伝い編」

日程 2012年6月27日~30日


2012yamamoto

イ草刈の始った農家さんの一日の仕事

  1. 朝4時  起床
     

    昨日の刈のこしを刈り取り始める。

  2. 朝6時  朝食
     

    一仕事終え休憩

  3. 朝6時半 泥染め開始
     

    刈り取ってきたイ草に粘土質の泥をまぶし泥パックしていく

  4. 朝8時  釜出し
     

    昨日乾燥機に入れたイ草を日焼けや湿気から守るビニール袋に入れて保管場所に移動する

  5. 朝10時  釜入れ
     

    泥染めしたイ草を一束ずつ釜の中にきれいに並べる。

  6. 昼12時  昼食&昼寝
     

    朝早いので一度仮眠

  7. 昼2時  刈取開始
      

    イ草を田んぼから収穫します。

  8. 夜7~8時 刈取終了
     

    暗くなってきて見えなくなるまで…

とまあ、こんな感じでハードワークです。(。-_-。 )ノハイ

今回は体験じゃなく??本気のお手伝いのつもりですが・・・(゜_゜i)

今回は岡山の材料商「佐々井商店」の佐々井高利若社長と一緒です。
また、3日間とはいえなにぶんハードワークなため、朝6時半~夜7時までの作業で許していただきましたー


朝6時半 作業開始 泥染作業 イ草に泥をまぶすためにウインチの操作と付帯作業

イ草パレット
イ草パレット
泥染めプール
イ草プール

doro1
イ草のパレットにふたをつけます。
doro2
イ草のパレットをプールに浸けます。
doro3
プールに泥を足してかき混ぜます。
doro4
御掃除して泥染め作業完了

朝8時 釜だし 昨日乾燥させておいたイ草を乾燥機から出して保管する用意をします。

粉塵対策ばっちりw
boujin
kama1
奥さんが泥落しの機械にイ草を入れてそれを山本さんが束ねます。
kama2
ビニールの袋を用意して↓
kama3
束ねたイ草を袋の中に入れ、口を閉じ保管場所に置き終了。

朝10時 釜入れ 朝泥染したイ草を乾燥機の中につめていきます。

kama4
パレットのイ草を折れないように奥さんに渡します。
kama5
奥さんがイ草をそろえて山本さんに渡します。

隙間なくきれいに並べます。
kama6
釜がいっぱいになるまでイ草をつめます。
kama7
ふたを閉めて完了

お昼12時 昼食&お昼寝


御弁当と奥さん手作りの味噌きゅうり&ソーセージW

27日は自分の誕生日でしたのでサプライズのケーキWWを頂きました

山本さんの「ひのさらさ」!!この目のつまり具合すごいw

昼2時 イ草狩り開始


イ草の田んぼです。

網を支えている杭を抜きます。

網をはずします。

イ草刈機が入れない場所を手刈りします。

短いイ草を削ぎます。

イ草の刈取機「ハーベスター」です。

ハーベスターで刈ったイグサは束になってでてきます。

刈ってきたイ草を泥染め用のパレットに乗せ変えます。

これで一応の完了です。

明日の朝泥染めするまで井戸水で冷やします。(写真取り忘れで天津さんの分を転記)┏○ペコ